• HOME
  • Marketing
  • 【Amazon広告徹底解説!】Amazon DSP広告ならではの仕組みと特徴とは?
Amazon広告徹底解説3

【Amazon広告徹底解説!】Amazon DSP広告ならではの仕組みと特徴とは?

  • RSS
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは!オンサイトのCMO・唐松です。

弊社ではECショップの構築から販促、受注代行を請け負っており、その販促手法のひとつとしてAmazon広告の運用も専門のチームが行なっています。そんな弊社が運用の過程で培ったノウハウをまとめ、お届けする広告運用の基礎知識シリーズ。

Amazonには内部広告と外部広告の2つの広告運営方法があります。今回はAmazonの外部広告である「Amazon DSP」についてご紹介します。

内部広告については過去にまとめた記事がありますので、そちらをご覧下さい。

Amazon広告徹底解説

DSP広告とは

まずはDSP広告について軽く触れておきましょう。

DSPとは「Demand-Side Platform」の略で、広告を配信したい(広告枠を購入したい)広告主向けに広告配信を最適化するプラットフォームです。広告主はこのプラットフォームを利用することで、その広告に興味のある消費者に対して、必要最小限のコストで、過不足なく、効率的に広告を配信することが可能になります。

普通、我々がイメージする広告との大きな違いは、どの媒体に広告が掲載されるかを、広告主がコントロール出来ないという点にあります。

Amazon広告はAmazon内に、楽天広告は楽天内に、youtube広告はyoutube内に広告が掲載されます。しかし、DSP広告の場合、WEB上に存在する大量の広告枠に対して、自動的に広告を配信します。広告主は基本的にその広告枠を指定することは出来ません。あくまで、「効率よくやるから、細かいことは全部DSPにまかせてね。その方が楽でしょ。」という考え方です。

ここを詳細に解説しようとすると、本が一冊書けてしまうので、これ以上の説明は省略します。気になる人はGoogle先生で検索してみてください。

画面

Amazon DSP広告とは

「Amazon DSP」はAmazonが提供するDSPサービスです。このサービスを使用すれば、消費者のAmazon内の行動データを元に、Amazon以外のサイトで広告を表示することが可能になります。

以前紹介したAmazon内部広告は、Amazonを訪れたユーザーを「直接購入につなげる」のが目的です。

それに対し外部広告のAmazon DSPは、「ブランド認知や購入を検討している層を増やす」ためにユーザーに働きかけること、さらに、特定の商品ページから離脱したユーザーを対象に「再度購入に繋げる」繰り返しのアプローチを目的としています。

配信した広告から商品ページへの誘導を最大化することが重要視されます。

Amazonディスプレイ広告には、以下のような代表的なタイプのターゲティングオプションがあります。

  • リターゲティング(ピクセル型、またはウェブサイトを閲覧したユーザー)
  • ライフスタイルターゲティング(特定のジャンルの興味・関心)
  • ホットカスタマーターゲティング(特定のカテゴリーへの購買意向が高いユーザー層)
  • オーディエンスターゲティング(自社を知っている人へ)

Amazon DSP最大の特徴

Amazonが保持する膨大な購買データの活用

Amazonの保持する膨大な顧客リスト・閲覧履歴・購買履歴をはじめとした、膨大なデータを活用してターゲティング設定することができます。Amazonは世界最大の通販サイトであり、「何かを購入する」という目的をもってユーザーはAmazonにアクセスします。そのデータを、広告配信のターゲティングに利用できることが、Amazon DSP最大の特徴です。

閲覧履歴、購買行動だけでなく、一般的なDSPと同様に、「年齢・性別・職業・世帯年収などのユーザー属性」「都道府県のエリア」も、もちろんターゲティング設定が可能となっています。

ブランドセーフティ

さらにAmazon DSPでは、以下のようなサイトへの広告表示を行わないようにコントロールしているため、ブランドイメージが損なわれないような、安全な仕組みにもなっています。

・アダルトサイト
・特定の宗教団体への勧誘やその活動を正当化するサイト
・個人情報の取得を目的としたサイト
・反社会的なサイト

モバイルアプリへの配信や動画広告にも対応

Amazon DSPでは、デスクトップとモバイルの両方にイメージ広告を配信できる「Standard display」など、広告配信先ごとに広告枠の種類を選ぶことも可能です。
※「AAP-Mobile APP(アプリ配信)」と「Video(動画広告)」は外部サイトのみ配信可能。

Amazonに出店していなくても可能

Amazon DSPは、Amazonで商品を販売していない企業でも、広告を出すことが使用可能です。ただしタバコや医療関係製品、情報サービスなどは事前審査が必要となるなどさまざまな制限があります。

また、ユーザーが広告をクリックすると、「自社サイト」か「自社キャンペーンページ」のリンク先に遷移するように選択肢することができます。

ちなみに、Amazonで販売している場合は、上記2つに加え、「Amazon内部の商品ページ」「Amazonストアページ(ブランドページ)」の選択肢が増えます。

ショッピング

AmazonDSPを利用するには?

Amazon DSPを利用するには、Amazon広告を取り扱う代理店、またはAmazonへの依頼が必要です。事業会社である広告主が自社のみで運用することはできないようになっています。

Amazon DSPは費用も高く(最低で$35,000)、一部の代理店しか扱っていないなど、参入障壁は高い広告になりますが、ブランドの露出や成長を促進するうえでの鍵となるでしょう。

まとめ

AmazonDSPは、Amazonでの購買行動をもとにターゲティングできる、唯一のDSP広告です。世界最大の通販サイトであるAmazonが保持している膨大なデータを広告配信に活用できるため、精度の高い広告配信が可能となっています。

オンサイトでは日ごろのAmazon広告運用を通して、様々なノウハウを蓄えています。運用に関してお困りの方はぜひ問い合わせ下さい。サイトの構築、運用までをサポートさせていただきます!

リクルート

サービス資料請求 REQUEST        

    お名前
    会社名
    都道府県
    E-mail
    TEL


    Thank  you!

         

    資料請求ありがとうございます。
    担当者より連絡差し上げます。もう暫くお待ちくださいませ。