• HOME
  • EC
  • 楽天スーパーポイントキャンペーンで売上大幅アップ!運営のコツとは?
楽天ポイントキャンペーンで売上大幅アップ!運営のコツとは?

楽天スーパーポイントキャンペーンで売上大幅アップ!運営のコツとは?

  • RSS
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

こんにちは!オンサイトのコンサルタント、 Shunichi Haraguchiです。

ECモール独自のキャンペーンをどう活用すれば売上が上がるのかわからずお困りではありませんか?

オンサイトでは、そのような企業様に対してEC運営代行サービスを行っています。

今回は、楽天市場が実施するポイント10倍キャンペーンに参加し、10万円の初期費用で売上175万円を記録した運営企画事例についてお伝えします。

楽天スーパーポイントキャンペーン概要

ポイント10倍キャンペーンとは、参加ショップの商品を購入するとお客様がポイントを獲得できる、楽天市場主催のキャンペーンです。
(正式名称:【楽天グループ広告】[ポイント変倍]掲載ショップ限定ポイント変倍キャンペーン

店舗側は初期費用のみで参加でき、ポイントの原資は楽天負担になるためお得なキャンペーンといえるでしょう。
並行してポイント5倍、7倍、10倍キャンペーンが行われることもあり、これらは同時に参加できます。この場合、エントリーしたお客様の獲得ポイントは最大で29倍です。

なお、このキャンペーンに自社ポイントを最大20倍上乗せできます

運営企画の詳細


自社ポイント20倍とポイント10倍キャンペーンを併用して、最大29倍の訴求を行いました。
自社で設定できるポイントは最大20倍までなので、それ以上の訴求ができることはかなり大きなアドバンテージになります。

企画において実施した施策

本企画では、以下の施策を用いてポイントアップをお客様に告知し集客を行いました。

1. 企画用バナー

本企画のバナー(ポイント最大29倍獲得)を各商品ページの上部に貼り、エントリーを促しました。楽天市場は他の大手モール(Amazon、Yahoo!)と比べてページ内バナーが多いですが、お客様はこれらバナーをしっかりと見ています。そのため、バナーでの訴求は必須です。
こちらが実際に使用したバナーです。

バナー画像

2. サムネイルと商品タイトルの差し替え

商品のサムネイルに、「ポイント最大29倍」の訴求を加えました。仮にバナーを見ていなくても、サムネイルや商品タイトルは比較検討の際に必ず目にするものです。時間と労力がかかりますが、手を抜かずに行いましょう。


3. 他媒体での訴求

普段から発行するメールマガジンやLINE@でもエントリーバナーを流し、「ポイント最大29倍」の訴求を行いました。楽天のメールマガジンは、お気に入りの店舗は比較的よく読まれます。配信停止が行われていないということは目を通している可能性があると認識し、こちらも訴求を忘れず行います。

4. 購入期限の告知

商品購入時の必須項目に下記文言をいれて、必ず承諾させるようにしました。

「ポイント29倍で購入するには、別途10倍キャンペーンへのエントリーを行い、セール期間にてご購入いただく必要がございます。」

いわゆる「カゴ落ち」を防ぐためにも、購入期限を伝えることは非常に重要です。この機会を逃さないように期間内に購入いただくよう促します。

これらの施策を丁寧に行うことで、売上175万円を記録しました。

【参考】自社ポイントなしでの参加はお得?

今回は自社ポイントを並行利用して参加しましたが、自社ポイントを使わない場合はポイントコストが削減できます。つまり、初期費用だけでポイントキャンペーンに参加するということです。この場合は効果が出るかどうか疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

答えは、「セール単体で100万以上売れる店舗であれば自社ポイント不要でも効果的」です。

自社でポイント20倍を設定した場合、売上100万と仮定するとポイントコストは20万円程度です。これにポイントアップキャンペーンの初期費用が加算されます。

一方、もしお買い物マラソンで5・7・10倍すべてのキャンペーンに参加した場合、初期費用は同様に約20万円程度です。これにポイントコストが加算されます。

売上100万円以上の店舗は、この初期費用だけを払ってポイントの原資は楽天に負担させたほうが、100万円以上売れた場合のポイントコストを大幅にカットできます。

ECモール運営のコツとは

ECモール運営のコツをあえて2つ挙げるとするならば、1つ目は「キャンペーンの特徴をきちんと理解する」ことです。

モールではいくつものキャンペーンが同時並行で行われていますが、どのキャンペーンがどのくらい効果を出しうるものなのかをコンサルタントに相談しながら決めていきましょう。

2つ目は、訴求のための手間を惜しまないことです。当たり前に思えますが意外と手が回っていない企業様は多くいらっしゃいます。
特にバナーの作成、サムネイルや商品タイトルの差し替えなどは、かなり手間のかかる部分です。

自社内で対応が難しいということであれば、オンサイトのような協力会社に委託してくださっても一向に構いません。重要なのは売上です!

オンサイトは100以上のクライアントのECサイト運営代行、を手がけており、大手ECモール運営のノウハウはお手の物です。もし自社で運営が抱えきれない、自社内ではどうしても難しいという場合には、お気軽にご相談ください。
受注業務のみ、CS対応のみなど、スポットでのご依頼も承っております。貴社の状況に合わせて提案させていただきます。

ECの運営をまるっとオンサイトにお任せいただければ、貴社店舗の売上アップに努めてまいります!下のバナーから詳細をご覧ください!

EC運営代行バナー

サービス資料請求 REQUEST        

    お名前
    会社名
    都道府県
    E-mail
    TEL


    Thank  you!

         

    資料請求ありがとうございます。
    担当者より連絡差し上げます。もう暫くお待ちくださいませ。